プロフィール

いしばし

Author:いしばし
1973年和歌山生まれのおやじ
*主に和歌山北部で、ダンゴ投げています♪

家族は嫁と将来一緒に釣りが出来たらうれしい息子2人
永易啓裕さんに憧れ、自分の知らない紀州釣りの奥深さをもっと知りたいと思っています。
釣りきちへたっぴ~ずは嫁と二人で結成した紀州釣りクラブです。


*MFG紀州釣り部、マルキュー紀州釣り大会に参加しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
CalendArchive
♪BGM
©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
三重県エリア その参
11/30(
最初の予定では、堅田の筏へ行く予定だったのですが
風がきついのと話の成り行きで、後輩Aくんとその友達で
三重県志摩周辺へ行ってきました。にっこり

道中~目的地まだ二箇所寄り道したので
釣り開始は9時ぐらい
真下には、子魚がちらほら見えるので
活性はさほど低くない感じなのですが
時期が時期なので、ある程度集魚を持たせてから
開始しました。

今回は、腰の筋を痛めたので手投げでは不可能なので
電光石火の杓を使いました。
ダンゴ投入開始は、パサイ目を八割りの締めで2分持っていたのが
30分ごとに割れが早くなり、最終的に1分!!
潮は重いけど、流れは速くないみたい。
竿3本分ぐらいにシモリがあり、4本先は駆け上がりになっているので
駆け上がりを狙いました。
エサの捕られ方は、割れて瞬殺ではなく当りが出て取られるので解りやすいです。
そうこうしているといい感じに浮きが入り
ウマズラ(28cm)、カワハギ(25cm)が釣れてくるので
今回は、紀州釣り=チヌではなく
釣れてくる魚で楽しむ紀州釣りをしました。にっこり
最終的に
カワハギ(25~28cm)4枚
グレ数枚(尾長30cm 1枚 その他は口太)
凄く楽しかったです。にっこり

時々、パカっと割られる事がありチヌかな?と
思ったのですが、その後の反応がなくエサ捕りに変わる感じでした。汗;
チヌの方は日暮れ寸前に地元人が釣られていましたので居るみたいです。汗;
(30cmぐらいのを2枚)
次回~攻めるならシモリ手前がいい感じかなにっこり
今回!!ボケを地元で購入した時に店側の配慮で
『小さいボケを寄って入れときますわ~』
と言ってくれましたので
お言葉に甘えました。にっこり
凄く良心的な店でした。
小さいと言っても和歌山で言うボケ大でしたが(笑)

でも~このボケで解ったのが
カワハギだらけの中でも十分エサ持ちが良いので
エサ捕りの多いところやフグの多いところでは有効な感じがしましたので
ここと言うときに、小ボケでチヌを釣る感じで
試して見ようと思っています。にっこり
スポンサーサイト


永易流紀州釣り | 【2008-12-05(Fri) 20:51:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する