プロフィール

いしばし

Author:いしばし
1973年和歌山生まれのおやじ
*主に和歌山北部で、ダンゴ投げています♪

家族は嫁と将来一緒に釣りが出来たらうれしい息子2人
永易啓裕さんに憧れ、自分の知らない紀州釣りの奥深さをもっと知りたいと思っています。
釣りきちへたっぴ~ずは嫁と二人で結成した紀州釣りクラブです。


*MFG紀州釣り部、マルキュー紀州釣り大会に参加しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
CalendArchive
♪BGM
©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
修業 パート27
11/24(土)
田辺まで高速が開通したという事もあり
会社の先輩に誘われて、
串本へエギング&真鯛を釣りに行って来ました

エギング編
串本には早く着き、紀州釣りするには
時間が物凄くあるので
エギングしました。

状況
エギには触りに来る感じはあるのですが
乗りません
まぁ~年に数回しかエギングしないので
釣れないのも無理もないか~
などと思いながら
地元アングラーにお話を聞くが、今年はイマイチらしいとの事
とりあえず日の出まで
振り続けましたが 坊主

紀州釣り編
私達が釣りするポイントは
あまりチヌが釣れない場所みたいなので
チヌの顔は、あまり見たことが無いので
今回は真鯛釣りに専念しました

状況
潮の流れは、左右に人の歩くスピードが平均的で
たまに速くなる感じでした。

エサ捕りは、
手の平大のチャリコがメインで
後は巨大ベラと言った感じでした。

適度にチャリコと遊びながら
そうこうしていると
待望の46cmの真鯛
ゲットしました
(上げてくる重量感は、流石に重いですわ~

20071124141052.jpg


その後は、チャリコと戯れながら終了しました。


スポンサーサイト
永易流紀州釣り | 【2007-11-28(Wed) 21:41:35】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
修業 パート26
11/11(日)

kさん(潮都会and会社の大大大先輩)と新たなポイントを
開拓するために、和歌山市某防波堤(part2)へ行ってきました
釣り座は、各々思うポイントで竿出しました。

今回のエサはオキアミのみで挑みました。
(かなり金欠なもので~

私のポイントの状況
朝一~昼過ぎまでは、
エサが捕られそうで捕られない
なんとも言えない 中途半端な感じ
ただ、一瞬!!いい感じになり
釣れてきました~キビレ(33cm)1枚

その後も、中途半端な感じで
『うん やる気が失せるっす』みたいな感じなので
終盤
海水を足して、ネバイ目の団子にしてみたら
徐々に感じが良くなってきて、釣れる感じだったのですが
釣る事が出来ないまま、終わちゃいました
(まだまだ~未熟ですわ次回も頑張ろうっと

kさんの方は
こちらも同じように、朝から昼過ぎまで
状況がイマイチだったらしけど
まだ、ボケを使用していたからなのか?
エサが捕られる確立が、オキアミよりもいい感じでした

後、高集魚だったのが良かったのか?
(永易流で言う真冬配合より少し団子材多い目かな
私が知っている限りでは、和歌山では定番の集魚だと思いますよ~。)
午後~夕方まで
チヌ(28~38cm)8枚を釣り上げておられました
(38cm以外は、すべて綺麗な回遊チヌでしたよ
(さすが~前回マルキューカップ4位の実力者)

すべてボケで釣れたみたいで、
アタリも全部浮きが消し込んだらしく
非常に分かりやすかったらしいです。

Kさん、お疲れさまでした~
次回の宜しくです。


永易流紀州釣り | 【2007-11-13(Tue) 11:22:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
修業パート25
11/5(月)

釣行3日目

釣りキチおやじさんと一緒に釣りがしたく
(前もっておやじさんとはお約束していました
和歌山市某堤防で合流しました
(おやじさんは合流30分前からダンゴ開始との事)
おやじさんとお会いして、色々とお話しを
約30分ほどしました(楽しかったな~

10:30→ダンゴ投入開始
(おやじさんは、再開して一投目~スイッチON状態
いきなりどきもぬかされました

開始~2時間程
ダンゴを1分持たせる方向で締めていたのですが
おやじさんの釣れる感じを観て
(ダンゴを割りにきたチヌが釣れている感じ)
出来る限り持たせる方がいいように思ったので(何となくです
ダンゴ締めまくりました。(1分30~約2分)
すると何投目かに、ダンゴアタリが出た途端
釣れちゃいました~チヌ(30cm)1匹ゲット
その後は、ダンゴアタリが無い時はフグ・フグ・・・・・・といった
感じで、ひたすら締めまくったダンゴにアタリが
出るまで(ボラとチヌのダンゴアタリは区別できていました)

待つ事 数時間

待望のチヌ(33cm)2枚目ゲット
出来たのと同時に、16時にタイムアップ
(保育園へチビをお迎えに行かないといけなにもので~
20071105155416.jpg



まあとりあえず
今回も釣れたーのではなく釣ったので納得かな


潮の流れは、
左右にゆっくり流れていたので釣りしやすかったです

(おやじさんの話では、さほど潮の流れが速くない場所らしい)

おやじさんお疲れ様でした
凄く楽しかったです。

 


永易流紀州釣り | 【2007-11-07(Wed) 11:49:19】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
修業 パート23.24
11/3(土)
チヌ吉さんとお会いし話がしたいので
チヌ吉さん達(那賀紀州FC)が行われる釣り大会に便乗してきました。
チヌ吉さん達は、土曜日を境にフカセモードに入るので
今年最後の紀州釣りになるので、来年まで待てなかったので

釣り場所
和歌山市某防波堤

チヌ吉さん達は、外海で釣りされるとの事なので
邪魔にならないように、私は内海へ釣り座を構えました。
内海の状況も興味もありました

状況
ダンゴ開始~3時間
オキアミが捕られない
小さい×2エサ捕りは居てるみたい
潮の流れは、チョーゆっくりで
すぐ止まる感じが一日中でした

余りにも反応が0に近いので
アミエビを少し追加
追加してすぐに、フグの反応がありましたが
フグのジアイもすぐに終わり
反応がなくなるので
ダンゴを締められる限り締めて
ダンゴ当りがあるまで、ひたすら締めている事
夕方
ダンゴに反応があった途端
キビレ2枚(22~23cm)連チャンで釣れました
20071103144224.jpg


とりあえず
日暮れ前だったのと納得した2枚だったので
終了しました。

11/4(日)
釣行2日目

場所
下津周辺へ行って来ました~

状況
チヌの活性が無く
ボラが悠々自適に反応してくるだけで
戯れるだけの一日のまま
気配を感じれず終了しました

チヌの数より
ボラが勝っていたので、私のレベルでは
よ~釣りません







永易流紀州釣り | 【2007-11-05(Mon) 21:02:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
修業日記のアップ
11/3(土)11/4(日)11/5(月)の
3日間の釣行のため
更新は、11/6(火)11/7(水)の間に
3日分をアップしますので
宜しくお願いします


私事 | 【2007-11-04(Sun) 21:19:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。